〈1行日記〉     2018年01月23日(火) 06時56分
排雪…   
今朝のラジオ体操は、手が冷たかった。まだしびれている。
昨日、家の前の道路に市の排雪が入った。きれいになったが、歩道の雪は持っていかない。
投げサビキ、浮きサビキ、自動シャクリ器の長竿釣り、小樽では今まで、あまり見られなかった釣り方だが、今年は少し流行気味になった。苫小牧並みの大きい魚が釣れるようになればいいのだが…。
●2018年01月18日(木) 01時24分●記
180117_1.jpg(94848 byte)
180117_2.jpg(73691 byte)
大ニシン12匹、中ニシン1匹、オオナゴ180匹、大チカ多数、小チカ・コニシン少し
前回と同じく小樽港厩岸壁で、午後1時頃からよる10時頃まで、9時間の釣り。
今年2回目の釣り、大ニシンが釣りたくて出かけた。
fumioさんの掲示板で、まず北浜に行ってみた。小さいチカは釣れていたが、大きいのは見えなかったので、前回実績のある厩に行ってみた。
人気の右側に空きがあった、大きいチカの姿も見えた。ここで釣ることにした。
まず、チカの竿1本、自動シャクリ器でニシン用サビキ1本出した。
前回と同じく、チカは釣れるがニシンは気配がない。前回は4時26分に1匹目がかかったが今回は釣れない。今回ニシンはダメかとあきらめかけたが、ねばってねばって何とか12匹の大ニシン、1匹の中ニシンを釣ることができた。9メートルの自動シャクリ器と、10〜30メートル飛ばした浮きサビキで釣れたのだ。
チカは大きいのと小さいのと釣れたが、前回よりかかりは少なかった。
ナント、ビックリオオナゴが入れ食いしたのだ。大きいのは25センチ位あった。食べ方を調べ中だが、こんなに大きいオオナゴはみたことがない。燻製が今のところ第一候補だが、180匹もあるので色々試してみたいと思っている。
ニシンは前回ほど釣れなかったが、少しでも釣れたよかった。
今回は10時半になって帰ることにした。
●詳しくは近日中にアップします。●       場所と時間はグーグルマップにアップしました
オオナゴの捌き方をYouTubeにアップしました
詳細アップしました

■このホームページについて

このホームページの主な内容は、釣りに出掛けたときの日記です。
釣りといってもいろいろな種類の釣りがありますが、港の小物釣りが多く、たいした釣りではありません。大物も極々たまには釣れますが…。
日記は平成12年から書いています。最初の頃は写真も少なく稚拙な物ですが、一応アップしてあります。平成15年からは一回の釣行ごとにアップしてあります。
また、自作した仕掛けや、釣りの小道具、釣場所(主に小樽・苫小牧・石狩方面)への道順、釣った魚の料理などのページもあったりします。

大五郎は、「釣った魚は食べる」ことを基本に釣りをしています。魚の引きを楽しむゲームフィッシング、スポーツフィッシングといわれるような釣りはあまり好きではありません。そのような釣りが趣味の方には、不快になるような記述があるかも知れません。

奥の深い釣りに関してはまだまだ、初心者の域を脱しきれません。おかしな事やまちがった事、幼稚な事などもたくさん書いてあると思いますがなにぶん、釣道を極めるために精進の途中でございますので、どうぞ許してやって下さい。

このサイトの目的は、北海道の釣りがますます発展、釣り人口がどんどん増えることを目指していることです。港から閉め出されないようにするためにも、釣りのマナーを守って、ゴミなんかは持ち帰るようにしましょう。
マナーと言えば、場所によっては釣ってはいけない魚種なんかもあるそうなので、釣り場の案内板などには注意を払いましょう。

「大五郎の陸釣り」は、札幌在住の、つきとらが管理する個人サイトです。このホームページへのリンクはお気軽にどうぞ。どこでも、どのページでも直接リンクして頂いて結構です。 リンクに際して、特にご連絡頂く必要はありません。

このホームページの内容はすべて、つきとらが制作・管理しています。 このサイト内で公開している文章や画像などの著作権は、原則としてすべてつきとらにありますが、部分的に写真や文章を使うことについてはご自由にどうぞ。

●釣日記一覧はコチラ
サイト内検索が出来ます
ウエブで検索が出来ます
お買い物コーナー
ネットで、便利で楽しいお買い物をしてみませんか。
shop.png(34301 byte)