〈1行日記〉             2022年12月04日(日) 08時17分   記
防具箱…   
20221204dougubako.jpg(85045 byte)
道具類を縦置き、仕切りは5ミリと3ミリベニアをエポキシ樹脂で…
20221204hato.jpg(38030 byte)
朝7時54分、鳩ぽっぽが休んでる…
20221204jitensya.jpg(81092 byte)
造作途中の自転車収納
6時20分起床。いい天気だが、夜中少し雪が降ったみたいだ。
今日は釣りに行きたいが、たぶん行けない。小形ニシンが釣れだしたようだ。ニシンは大型のニシンもうまいが小形もまた捨てがたい魅力がある。骨が気にならない大きさなら酢じめをにぎりにして紅ショウガで……。
「コニシンの下処理」

2022年11月02日(水) 21時50分●記
sokuho.gif(1441 byte) 小樽厩岸壁でマイカ
221102.jpg(103330 byte)
良型チカ40匹、ナント!マイカ1匹、マメイカ3バイ、サバ2匹他
2022.11.02   小樽港厩岸壁   12:30〜19:00
《ナントナント!!マイカが釣れた!》
何とか釣りに行くことができた。
マメイカで厩が賑わってるという情報があったので、忙しかったが思い切って出かけることにした。
10時頃家を出た。
小樽南防波堤には思っていたよりたくさんの人が釣りをしていた。何が釣れてるのかはわからなかったがたぶんカジカなどが釣れているんじゃないかと思う。
フェリー乗り場横の釣り場では、チカが釣れていた。
軟弱釣り師は車の側で釣れる厩で竿を出すことにした。
いつものようにチカ用素針サビキを出した。
サバとかイワシが釣れるかもしれないと思ったので、自動しゃくり器で5号ウイリーサビキ仕掛けの竿も2本出した。
しゃくり器のほうは何も釣れなかったが、チカ用の素針サビキには良型チカが釣れる。入れ食いにはほど遠いが退屈しない程度に釣れた。
4時頃から、チカ竿を上げてマメイカ用に、スッテ仕掛けの竿を2本出した。
反応はうすかった。
突然奥が、根掛かりしたという、しかしちょっとずつリールが巻ける、と言う。
ナントナントマイカがかかっていたのだ。
そのあと奥が3バイのマメイカを釣ったが、自分はマメイカは釣れなかった。
夜の8時頃までは頑張るつもりだったが、寒くなって7時前には竿を仕舞った。
小樽の釣り場はかなり混んでいて、イカ、サバ、チカが釣れているんだと思った。
近いうちにまた行きたいと思った。
《速報のつづき》
小樽南防波堤でマメイカやマイカが爆釣しているらしい情報があった。大きいサバも釣れてるらしい。
2日の賑わっていた防波堤の理由がこれだったのだと思う。
場所と時間をグーグルマップにアップしました。   釣果の動画をアップしました。
●詳しくは近日中にアップします。●       詳細アップしました

■このホームページについて

このホームページの主な内容は、釣りに出掛けたときの日記です。
釣りといってもいろいろな種類の釣りがありますが、港の小物釣りが多く、たいした釣りではありません。大物も極々たまには釣れますが…。
日記は平成12年から書いています。最初の頃は写真も少なく稚拙な物ですが、一応アップしてあります。平成15年からは一回の釣行ごとにアップしてあります。
また、自作した仕掛けや、釣りの小道具、釣場所(主に小樽・苫小牧・石狩方面)への道順、釣った魚の料理などのページもあったりします。

大五郎は、「釣った魚は食べる」ことを基本に釣りをしています。魚の引きを楽しむゲームフィッシング、スポーツフィッシングといわれるような釣りはあまり好きではありません。そのような釣りが趣味の方には、不快になるような記述があるかも知れません。

奥の深い釣りに関してはまだまだ、初心者の域を脱しきれません。おかしな事やまちがった事、幼稚な事などもたくさん書いてあると思いますがなにぶん、釣道を極めるために精進の途中でございますので、どうぞ許してやって下さい。

このサイトの目的は、北海道の釣りがますます発展、釣り人口がどんどん増えることを目指していることです。港から閉め出されないようにするためにも、釣りのマナーを守って、ゴミなんかは持ち帰るようにしましょう。
マナーと言えば、場所によっては釣ってはいけない魚種なんかもあるそうなので、釣り場の案内板などには注意を払いましょう。

「大五郎の陸釣り」は、札幌在住の、つきとらが管理する個人サイトです。このホームページへのリンクはお気軽にどうぞ。どこでも、どのページでも直接リンクして頂いて結構です。 リンクに際して、特にご連絡頂く必要はありません。

このホームページの内容はすべて、つきとらが制作・管理しています。 このサイト内で公開している文章や画像などの著作権は、原則としてすべてつきとらにありますが、部分的に写真や文章を使うことについてはご自由にどうぞ。

●釣日記一覧はコチラ
サイト内検索が出来ます
ウエブで検索が出来ます