<
27年21回目・12月13日(日) ニシンは奥が1匹!
釣れた魚(奥と2人の釣果)
151213.jpg(115136 byte)
ニシン1匹、良型チカ170匹、他小チカ、ニシンコ1匹、カタクチ1匹
場     所
小樽港フェリー乗り場横
実 釣 時 間
(竿を出している時間)
12:00〜20:00(8時間)
持っていった餌
赤アミブロック2個、撒き餌(アミ糠)、付け餌用大きいアミ
使用した仕掛け
2号素針サビキ9号蓄光青針サビキのニシン仕掛
ニシン釣りはむずかしい!
151213_nisin.jpg(71218 byte)
唯一釣れたニシン(奥が釣った)
151213_ryoukeitika.jpg(60128 byte)
大きいチカ、170匹以上はあった
151213_kotika.jpg(71864 byte)
小さいチカ、これはこれで……
前回の苫小牧の釣りから5日しか経ってないが、小樽のニシンはチャンスを逃すと釣れないと思い、思いきって出かけることにした。
今回の段取りは、チカを釣りながらニシンの回遊を待つ。ニシンは置き竿では釣れにくいので、オキアミの大きいのを付けておけばしゃくらなくても釣れるんじゃないかと思い、「GクリルL」という名前のオキアミを買っていった。効果があったかどうかはわからなかった。
南防波堤にはかなり釣り人がいた。カンカイが釣れている、ニシンの投げサビキをやっているらしいと言う情報はあったが…降りて確かめには行かなかった。
151213_1105katunai.jpg(55148 byte)
勝納埠頭右端の左端(11:05)
勝納右端は左側の1等地に3〜5組の釣り人がいて、チカ釣りをしていた。良型チカが次々と釣れている。側にニシン用のサビキをつけた竿を用意して、回遊があればすぐ竿をおろせるように準備していた。
151213_1133ferry.jpg(51399 byte)
フェリー乗り場横の釣り場(11:33)
回遊するニシンがよく釣れる一等地色内埠頭先端部、混んでいて入る場所はないらしい。、前日釣れていたという情報があったフェリー乗り場横(勝納埠頭の左端)で釣ることにした。
151213_1216tika.jpg(48322 byte)
チカ(12:16)
釣り人はポツポツといるがそんなには混んでいない。もしニシンがあがっているのであれば、地元の方が釣っているのでもっと混んでいる。でも、チカは釣れている。
まずいつものように素針サビキの竿を2本出した。すぐ大きいチカが釣れる。
大きいのと小さいのが釣れるが大きい方がたくさん釣れる。右で釣っていた方は、小さいのばかりと悩んでいた。チカは大きくなるに従い警戒心が強くなり、大きめの針では釣れなくなるのだ。自分は最近、0.8号の秋田狐を使っている。
まわりでニシンはあがっていないが、用意はしておくことにした。6号と9号の蓄光青針仕掛けを2つ繋いで一番下にケミホタルを付けたものと、9号蓄光青針仕掛け1本のものを出しておいた。1本の竿には付け餌オキアミをはり一つおきに付けたおいた。が、置き竿状態では全く反応がなかった。
151213_1246ferry.jpg(51909 byte)
12時46分のフェリー乗り場横
151213_1453ferry.jpg(52927 byte)
14時53分のフェリー乗り場横
151213_1504tika.jpg(96544 byte)
大きいチカ6連、さすがに重い
チカの竿にあたりがあってもしばらくそのままにしておくと、ダブル、トリプルとチカがかかる。チカはあまり食い上げることは少ないが、たまに食い上げて仕掛がもつれることがある。途中からオモリを5号に変えた、でも釣果は落ちることはなかった。
151213_1622ferry.jpg(69714 byte)
16時22分のフェリー乗り場横)
暗くなってくると、だんだん人が増えてきた。
151213_1731nisin.jpg(45619 byte)
奥が釣った唯一のニシン(17:31)
小樽のニシンの釣り方を以前書いたが、ほぼそのとおりであまり訂正することはない。
付け足すとすれば、ニシンは底近くを回遊しているので、撒き餌は砂を混ぜて底まで沈みやすいようにしないといけない。また、集魚灯については底まで光が届くように、明るく波長の短い青系統の光がいい。……と思う。
仕掛に付けるぴかぴか光るライトや魚の形をした集魚板については、よくわからない。自分は仕掛の上下に50ミリのケミカルライトを付けている。
今回はちょっと油断して、防寒が完全でなかったり、ニシンが釣れないので動きが少なくすごく寒かった。それで頑張りがきかず8時にはきりあげることにした。
帰りに勝納右端に寄ってみたら、地元の常連らしき人はかなりニシンを釣っていた。少し話をさせてもらったら、フェリー乗り場のほうは9時〜10時頃から釣れ出すらしいと言うことを聞いたが、もう戻って竿を出す元気はなかった。

●今回の料理
小さいチカは佃煮に、大きいのはおいしく食べて頂ける方にもらって頂いて、残りは刺身、フライ、酢漬け、天ぷらにした。ニシンは刺身、小樽のニシンと苫小牧のニシンの違いはわからなかった。


今回の釣りの感想は、………(^_^)
小樽のニシンは新しい群れが入らないとむずかしいような……
年内にあと何回いけるか…

前回の釣行 次回の釣行
サイト内検索が出来ます
ウエブで検索が出来ます
お買い物コーナー
ネットで、便利で楽しいお買い物をしてみませんか。
shop.png(34301 byte)