<
18年19回目・10月15日(日)  小樽勝納埠頭

釣 れ た 魚

アブラコ1匹、ハゼ5匹、メゴチ2匹、チカ56匹、タナゴ46匹、ガヤ33匹、サヨリ3匹、ニシンコ1匹、グレ4匹、ガンジ1匹
場     所
勝納埠頭の右端
実 釣 時 間
(竿を出している時間)
10月15日(日)の午前11時30分から午後3時までの3時間30分
持っていった餌
赤アミ1個、イソメ190円1個
使用した仕掛け
サイズ1の針の自作サビキ、自作ハゼ仕掛け

小樽勝納で10種類の魚が釣れた
大きいアブラコも釣れた

勝納埠頭は、左側と右側の一部分が、釣りが出来る。
裕次郎記念館の前を通って、海の方に進んでいくと右側の釣場に出られる。車から20〜30メートル離れた場所で釣ることが出来る。

勝納埠頭 今回の釣場です。釣っている細身の釣人は、自分ではありません。
この釣場(勝納)は、外国の貨物船が入るので深さがあります。結構良く来る釣場です。
ソーラス条約施行以来、釣場が狭くなりましたが、以外とすいていることが多い釣場です。それにいろいろな魚が、結構釣れます。5月ですが、イカが釣れたこともあります。

三種の魚 上から、チカ、タナゴ、ガヤ。三種類の魚が一緒に釣れた。

今回は、3時間半の釣りで150匹ぐらい釣れたので、計算すると、1.4分に1匹釣れていることになる。超入れ食いだ。
小さい魚は、佃煮にして食おうと思う。いろいろご批判もあると思いますが、お許し下さい。

グレ子 この4匹の魚、子供の頃、四国の徳島で釣れたグレ(関東ではメジナ)のコッコである。珍しいのが釣れた。
最近石鯛の子が釣れたり、暖流系の魚が釣れる様になった。
小さいのばかりだが、グレの大きいのや、チヌの大きいのが釣れたら、どんなに楽しいだろうと思う。

作業船が入ってきた 3時頃、タグボートに引っ張られて、クレーン船が入ってきて、自分の釣場からマリーナ側の釣り人の竿をあげさせられた。
今日は沢山釣れたので、釣り止めにした。

今回の釣りの感想は、………(^_^)
大きいアブラコが釣れた、北海道でグレを釣った。

前回の釣行 次回の釣行
 
サイト内検索が出来ます
ウエブで検索が出来ます
お買い物コーナー
ネットで、便利で楽しいお買い物をしてみませんか。
shop.png(34301 byte)