令和3年18回目・2021年12月29日(水) 小樽港厩岸壁(ゲスト釣行)
釣れた魚(全員の釣果)
(写真なし)チカ多数、コニシン多数、中ニシン(20p)2匹
場     所
小樽港厩岸壁(中央部)
実 釣 時 間
(竿を出している時間)
13:00〜17:30
使った餌
赤アミブロック、撒き餌
使用した仕掛け
サイズ0.8の素針サビキ(自作)、ニシン用10号青針ウイリー糸巻きサビキ(自作)
良型チカが大漁!…
2021.12.29(小樽厩岸壁)   13:00〜17:30
東京からのゲストが釣りをしたいというので……という理由でやっと釣りに行くことができた。
家を10時半頃出たが、道路が凍り気味で車がいつものように進んでいかない。GS、スーパーによって、2時間くらいで目的地の厩岸壁に着いた。
厩岸壁は中央部に少し、釣りができない場所がある。
釣り可能部分はほとんど満員で、別の場所に移動かと思ったがたまたま帰る方の後に入ることができた。小樽港も車のそばで釣りができるところが少なくなっているので運がよかった。これもひとえに自分の普段の行いの良さだと思う。
釣りをしている方はサビキ釣りが多く、所々に投げ竿が見える。あまり釣れている様子はない。皆さん夜のニシンの回遊待ちで場所取りなのかもしれない。
今回はゲスト(小学生)同伴の釣りなので、ついたらすぐ竿を出せるようにチカ竿5本、ニシン竿3本をセットして出かけた。
チカは竿を出してすぐ奥が釣った。かなり調子よく良型が釣れる。今時期のチカはたぶんうまいはずなので、刺身が楽しみだと思いながら、せっせとチカ釣りを総勢9人で続けた。楽しかった〜。自分は子どもの補助ばかりだったが……。
暗くなる前に5人は帰って行ったが、大きいニシンを釣りたい4人が、集魚灯を点けて少しニシン釣りをした。5時半頃まで釣ったが大きい群れは到来せず、20pくらいのが2匹釣れただけだった。でも小学年生のゲストが1匹釣ったのがよかった。
その後群れが入ったかどうかは定かではない。
《チカ釣りのヒント》
チカをたくさん釣るには、小さい素針(小さいほどよい、4号以上ではまず釣れない)にアミをこすりつけて垂らしておくといい。これだけで周りよりはたくさん釣ることができる。ワカサギ用の仕掛けがいいと思う。

●今回の料理
211229sasimi.jpg(61512 byte)
ニシンンコとチカの刺身
ニシンコは酢漬けにしようと思ったのだが、刺身で食べるとどんな味がするのかと思った。酢漬けの方がいい。
211229tikanigiri.jpg(57765 byte)
チカ刺の手巻き寿司
211229agemono.jpg(65090 byte)
揚げ物類
211229tikfurai.jpg(48021 byte)
チカは2枚重ねにしてフライにしてくれた、非常においしかった
まだ刺身が残っているので、甘酢漬けにして食べようと思う。


今回の釣りの感想は、………(^_^)
釣り場所が確保できてよかった!!!! 良型チカが釣れてよかった!

前回の釣行
サイト内検索が出来ます
ウエブで検索が出来ます