<
30年03回目・03月26日(月) 苫小牧西晴海埠頭
釣れた魚(奥と2人の釣果)
180326.jpg(113734 byte)
大チカ9匹、小チカ1匹、キュウリ1匹、ソイ1匹
場     所
苫西晴海埠頭
実 釣 時 間
(竿を出している時間)
16:00〜19:00(3時間)
使った餌
赤アミブロック1個、撒き餌(糠とアミ1個)、生イソメ小パック
使用した仕掛け
チカ用仕掛け、蓄光オーロラサビキ7号と8号(浮き仕様)、5号秋田狐の欲張り仕掛け(6本、7本針)
坊主ではなかった…
《速報記事の内容》
苫小牧西港晴海埠頭、2番係留ビットでの釣り。時間は午後4時頃から7時過ぎまで。
家を10時半頃出た。ガソリンスタンド、釣具店、スーパーによって苫小牧の南埠頭付近にまでたどり着いた。船が着岸していて釣り場は狭く、近所の釣り場を徘徊していたら、大チカを釣っているところに遭遇した。これはと思い、チカの竿を2本出した。一度あたりはあったが針がかりしなかった。しばらく釣っていたが風が強くて、水深のない場所だったので移動することに…、これが間違いだったかも。
道に迷ってどこを走っているのかわからなくなり、やっとたどり着いた中央北埠頭、忙しそうに働いている人がたくさんいて竿を出せそうにないので、隣の晴海埠頭(石炭埠頭)で釣ることにした。すいている、好きな場所で竿を出せる。2〜3組の釣り人はいたが、夕方にはみんないなくなってしまった。
もう移動する気はなく、今回は久しぶりの「チ〜ン(坊主)」で帰ることになると気落ちしていた。
が、しかし……
チカの竿2ホン、ニシンの竿2本、投げ竿2本、垂らし1本の合計7本の竿を出して釣っていた。
坊主かなと思っていたところ、投げ竿につけた鈴がチリリ〜ン、良型キュウリが釣れた。その後、チカの素針サビキがときどき反応し、大チカが9匹釣れた。投げではソイを1匹釣ることができた。
自動シャクリ器のニシン用仕掛けは何も釣れなかった。
7時になり、坊主と覚悟したのに、すこし釣れたのでちょっと早いと思ったが帰ることにした。帰りは迷わなかった。
動画をアップしました 場所と時間はグーグルマップにアップしました

以下、今回の写真。
ニシンが釣れればいいなと思って出かけた。
180326_1235minamifutou.jpg(84271 byte)
苫西南埠頭(12:35)   船が入っていて釣り場は混んでいた
まず最初に着いた南埠頭、左端部分に竿を出す場所はあったが、しばらく見学していても何も釣れていないので別の場所を探すことにした。
180326_1321kado.jpg(58701 byte)
この場所の名前はわからないが、角で大チカが釣れていた(13:21)
南埠頭付近を徘徊していたら、上写真の角で大チカ(超デカ)を釣っているところに遭遇した。
早速その左側でチカの竿を出したのだが、風がかなり強い。仕掛けを下ろして少しして奥の竿にアタリがあったのだが、針がかりしなかった。
その後しばらく釣っていたが、アタリもなく風も止まないし、すごく浅い場所だったので移動することにした。
西港内の各埠頭を見て回ろうと思ったのだが、道に迷ってしまってウロウロ、再び南埠頭に来てしまった。左端で釣っていた方に様子を聞いたら、中央北埠頭で朝3匹ニシンを釣っていた方がいたという。それじゃそこに行こうということにしたのだが、又迷ってなかなか中央北埠頭に着かなかった。やっと着いたのだが、1号埠頭も、その左側の埠頭も忙しそうに働いている方がたくさんいて竿を出す雰囲気じゃなかった。それで、隣の晴海埠頭(石炭埠頭)に行くことにした。
180326_1627sekitan.jpg(52380 byte)
釣り座の右側(16:27)
180326_1627sekitanhidari.jpg(57845 byte)
釣り座の左側(16:27)
晴海埠頭は、随分すいていて2、3組の釣り人しかいなかった。「ニシン釣れますか?」「釣れない!もう帰る。チカなら釣れるヨ」というので、ここで釣ることにした。さてこの広い埠頭のどこで釣るかだが、なるべく石炭の粉が飛んでこないと思われた左端で釣ることにした。
少しいた釣り人も夕方にはみんな帰り、右端に1台の車が見えるだけでほぼ貸し切り状態。
まずチカ竿2本と、シャクリ器に長竿2本を出し、この4本で釣っていた。イソメを買ってきていたので投げ竿も出すことにした、クロガシラ狙いだ。2本の投げ竿と1本の垂らし釣りの竿を追加した。仕掛けは6、7本の針がついた超欲張り仕掛け。
180326_1708kyuuri.jpg(106457 byte)
良型キュウリウオ(17:08)
投げもサビキ釣りもなんの反応もない時間が続く。奥が「鈴が鳴ったよ!」というので見てみるとチョンチョン引いている。巻いてくるとクンクンとひく、この時間、期待がふくらんで楽しい。ハリスが1号なのでタモの用意は…と少しは思ったが、引っこ抜いた。かなり立派なキュウリだった。
坊主を覚悟していたが、1匹でも釣れてよかったと思った。
180326_1717tika.jpg(59001 byte)
初めて釣れたチカ(17:17)
キュウリが釣れて少しして、奥が車から飛び出て来た。チカサビキの竿が引いていたのだ。良型大チカがダブルで釣れたのだ。
この時数匹釣れ、その後もう一度回遊があって数匹計9匹の大チカを釣ることができた。
180326_1850yakei.jpg(58454 byte)
夜景(18:50)   大きな船が数回通っていった
180326_1857soi.jpg(43405 byte)
ソイ(18:57)   20センチ以上はあった
暗くなってから電気を点け、魚が寄ってこないか期待したが、期待だけで終わりそうな気がして、7時頃、片づけて帰ることにした。

●今回の料理
180326_r_ryouri.jpg(97400 byte)
180326_r_kobujime.jpg(79649 byte)
ソイとキュウリの一部を昆布ジメ中
180326_r_tikafurai.jpg(98087 byte)
大チカフライとキュウリ卵の天ぷら、チカ白子の天ぷら
180326_r_sasimi.jpg(94585 byte)
キュウリとソイの昆布ジメ刺身
今回は釣果が少ないので魚の処理は簡単!
ソイとキュウリの昆布ジメは、しめる時間が短かかったからか、そのまま食べたものとあまり差がなかった。


今回の釣りの感想は、………(^_^)
苫小牧まで行って坊主でなくてよかった
さて次はいつ行けるか

-->
前回の釣行 次回の釣行
サイト内検索が出来ます
ウエブで検索が出来ます
お買い物コーナー
ネットで、便利で楽しいお買い物をしてみませんか。