<
2003-04-05/ 小樽南防波堤

釣果 (骨だけのは24センチのクロです刺身で食ってしまいました)
カレイ
今年、3回目の釣行だ。
風邪が抜けきらず、鼻がむずむずしていたが思いきって出掛けることにした。
網ブロックは解凍のため玄関に置いておいた。塩いそめはあるがやはり生も欲しい。 フィッシュランドは10時からだし、 フィッシングパパは、4時からだが、ちょっと遠い。 昔、札幌ベイトという餌屋が旧5号線にあった。いってみたが土曜の晩だけ24時間営業らしい。 あきらめて塩イソメだけでやることにした。
南防波堤に着いた。まだ3時50分だ。それでも10台くらいの車が止まっていた。
大五郎(釣り専用リヤカー)は地面がごつごつしているのと今日は 先端まで行かないで近くでやろうと思っていたので竿袋と重いリュックと、バケツ2個を 担いで付け根から50メートル程のところで1本投げた。2本目の仕掛けは9本針にしようと、セットしていると 隣のおじさんが「網が入っている」と言ってきた。薄明るくなってきてようやく海面が見えてきた。
ものすごい量の網が張ってある。
投げた竿を巻いてみると引っかかってはいないが、危ないので移動することに。先の方まで歩いていくが 当然良さそうなところは人がいる。中程のところで網の隙間に投げることにする。
朝の4時から11時までで写真の釣果だ。まずまずと言うところか。
途中後から来た、ブラーの際ねらいのやからが、40オーバーのクロを上げた。いつも自分の隣で 大物が、それも後から来たのがかっさらっていく。自分も際に7本針を出していたが、引っかかって やめてしまった。一回大きなあたりがあってそれが引っかかり、切れてしまった。それがあの40オーバーの クロだと思う。
さて、餌もなくなった。付け根で大チカが釣れているらしいので、一度、車に戻り アミで釣ろうと、いさんでいったが、釣れない!!!!
隣のじいさんだけが、回りの人を差し置いて一人で釣っている。
降参して仕掛けを聞いたら、2号のサビキだそうだ。2.5号だともう釣れないそうだ。 アミはいらないし、簡単でいいが、2号のサビキはない。今度は買っていこう。
24センチのクロは帰ってすぐ刺身で酒のあてにした。後は唐揚げだ。 今度は餌の準備と2号の白いサビキを探して行こう。

前回の釣行 次回の釣行
 
サイト内検索が出来ます
ウエブで検索が出来ます
お買い物コーナー
ネットで、便利で楽しいお買い物をしてみませんか。
shop.png(34301 byte)