<
20年24回目・11月12日(水)   また苫小牧西港中央南埠頭

釣 れ た 魚
釣果
釣果その2 オオマイ1匹、コマイ23匹、チカ大15匹、チカ小101匹
カタクチ、サバ、アブラコ、カジカ各1匹、ヒトデ多数
ニシン大1匹、小80匹くらい
場     所
苫小牧西港中央南埠頭
実 釣 時 間
(竿を出している時間)
午前2時〜正午(計10時間)
持っていった餌
アミ、イソメ
使用した仕掛け
磯竿(2号素針サビキ・4号ハゲカワ)、投げ(サビキ風超欲張り仕掛け)


去年爆釣したニシン釣りが忘れられない!

忘れもしないニシンの爆釣! 去年11月4日、苫小牧は東港に釣りに行った時、帰りに様子見に寄った船溜まり(地点)で大きいニシンを生まれて初めて爆釣した。そんなことがあったので、今年もと2回ほど苫小牧に行ったが、一回目は爆釣を目撃したが場所に入れなくて釣れなかった。2回目は時間帯が悪く釣れなかった。
今年中央南埠頭では、朝方ニシンが釣れるらしいので、場所取りも兼ねて、前の日の晩に行って朝方のニシンを狙おうということになった。ということで真夜中0時半には家を出た。奥は一睡もしていない。自分は8時頃床に入ったがうつらうつらしてぐっすり寝ることはできなかった。
今回は夜なので中央南にたどり着けるか心配したが、ほとんど迷うことなく着くことができた。最近自分の方向感覚は超すぐれている。
あまり釣り人はいない。左角に2組、右角に1組、あとパラパラとしかいなかった。そんなにニシンは釣れていないかも知れないと心配になった。それでも人には釣れなくても自分は釣れると信じて、前回と同じ39番係留ビットの場所で釣ることにした。
暗いうちはコマイ狙いで超欲張り仕掛けの投げ竿を3本も出した。夜中でもコマイはかなり釣れる。時折ダブルで釣れてくる。奥は最初のうち朝方のニシン爆釣に備えて車で休んでいたが、4匹ほどコマイが釣れたとき、車からでてきて、どうして教えてくれなかったの!と、怒られた……。
オオマイ
投げ竿のかなり大きな中りで、巻いてくるとグイグイ引く。ちょっとドキドキしながら上げてみると、38センチもある大きなオオマイだった。
この時も奥は車でお休み中だった。残念だったに違いない。きっと自分が釣りたかったに違いない。残念だ!


今回の釣り座 ←12日朝方の苫西中央南埠頭39番係留ビット

午前4時頃からポツポツ人が集まりだした。
朝方のニシン狙いの人で、自動しゃくり機の人もいる。9メートルの長竿の人もいる。
周りの人と話をしてもあまりいい話はない。一週間前はトロ箱に満杯釣れた。ニシンは終わった、東港の方も釣れてない。そんな話ばかりだ。それでも今日は釣れると思いながら、バッテリーライトの灯を点けた。小さい魚がいっぱい集まってくる。トゲウオだった。北海道ではトンギョとも言う。石狩川の河口でこの魚をみたことはあるが海にいるとは思わなかった。

にしん サビキの竿で釣った唯一の少し大きめのニシン。
このニシンも自分が釣った。今回奥はオオマイの竿も上げなかったし、大ニシンの竿も自分が上げた。
一匹でも大きめのニシンが釣れて良かった。

チカ 明るくなって2号素針の竿にチカが釣れ始めた。時折大型のオオチカも釣れる。
もう海水温もだいぶ低くなっているのにまだフグが釣れる。ちょっとビックリだ。フグは歯が鋭いので仕掛けの針をよく切られる。7〜8本着いている針がちょっと目を離していたら3本になっていたこともある。今回2号素針の仕掛けは4本ぐらい使った。

そんなこんなでお昼になってしまった。コマイは沢山釣れたしオオマイも一匹だが釣れた。チカは沢山釣れたしオオチカも少し釣れた。狙いの大ニシンは一匹しか釣れなかったが、かなり有意義な釣行だった。これからは少し夜釣りが増えるかも知れない。

帰りに苫小牧の有名食堂に寄ってみたら平日だというのに超混雑しているのにビックリした。入り口からはみ出して並んでいる。マグロと朝イカとウニが丼の上にのっていた。美味しかった。
中央南埠頭からその食堂のある所まで移動したお陰で苫小牧西港の様子がかなりよくわかった。これからきっと苫小牧西港に釣りに行くことが増えるだろう。

今回の釣りの感想は、………(^_^)
それでもニシンが釣りたい!! 次の群れが入るのを期待!!!

前回の釣行 次回の釣行
 
サイト内検索が出来ます
ウエブで検索が出来ます
お買い物コーナー
ネットで、便利で楽しいお買い物をしてみませんか。
shop.png(34301 byte)