<
19年17回目・7月22日(日) 小樽港・色内埠頭と南防波堤

釣 れ た 魚
釣果
太チカ24匹、ハゼ15匹、カタクチイワシ3匹、アブラコ1匹(もらい物)
場     所
小樽色内埠頭南防波堤
実 釣 時 間
(竿を出している時間)
午後3時頃から午後10時頃まで
持っていった餌
赤アミ1ケ、生イソメ、塩漬け鶏肉、塩漬けチカ
使用した仕掛け
2号サビキ、ハゼ用天秤5本針、テーラー投げ仕様(イカ)

色内でチカとハゼとイワシが釣れた

いつものように奥と、お昼ご飯を食べてから出かけた。
石狩(東防波堤)にしようか、小樽にしようか迷ったが、どうしても実績のあるほうになってしまう。
色内埠頭では、3時頃から7時頃まで、チカの竿2本・ハゼの投げ竿1本だした。退屈しない程度にチカやハゼが釣れた。
日曜の午後ということで結構賑わっていた。今回も、海保の船「しれとこ」が前回と同じ場所に停まっていた。
先端で釣っているおじさんは「朝方少し釣れたが、ここ3時間な〜んも釣れネ〜」といっていたが、ここで竿を出すことにした。
今回、5.4メートルの万能竿の使い初めをした。竿の袋には硬調と書いてあったが、2号のおもりでいいバランスだった。
一人で探り釣り来ていたおじさんが、アブラコを釣った。くれるというので、ありがたくいただいた。ハゼを釣ってもゴメにやっていた。

8時頃南防波堤に移動した。駐車場所はほとんどいっぱい。坂道に車を停めて防波堤にあがった。
海面には赤や黄色の電気浮きがいっぱい浮かんできれいだ。霧雨みたいな天気で、寒くはないが湿気が強い。めがねがすぐくもる。
長い防波堤の中間あたりに、ちょっと広く空いている所があったので、そこで1本竿を出した。
どうして空いていたかというと、そこにはブイが浮かんでいて、引っかかるのだ。暗くなってからいったのでわからなかった。
案の定ひっかけて、遠投浮きを1個無くした。今回は浮き回収パラソルを持ってこなかったので、回収出来なかった。
浮きを1コ無くしてからほどなく、引っかけたわけではないと思うがまた、浮きが流れてしまった。2個も浮きを失うのは悔しいので、奥にパラソルを車まで取りに行ってもらって、これは回収できた。よかった。
イカのほうは、自分には1匹も釣れなかった。隣の人は4杯釣ったそうだ。自分が来てからはあげていなかったので、それまでに回遊があったのかもしれない。その他、帰りにバケツに入ったのを1杯みたが、8時から10時のあいだは、周りでも全く釣れていなかった。
10時になっても、まだたくさんの人が釣っていたが、我々は「次回こそ…」と決心して南防波堤をあとにした。
色内埠頭 先端
休日で賑わっている色内埠頭(午後4時頃) 色内埠頭の先端部
チカ ハゼ
良型チカ 3連ハゼ
奥専用 アブラコ
今回新調した万能竿 戴いたアブラコ

今回の釣りの感想は、………(^_^)
今度こそ、イカを爆釣してやる!

前回の釣行 次回の釣行
 
サイト内検索が出来ます
ウエブで検索が出来ます
お買い物コーナー
ネットで、便利で楽しいお買い物をしてみませんか。
shop.png(34301 byte)