<
19年9回目・5月12日(土)  チカ以外の魚・ヤリイカが釣れた

釣 れ た 魚
釣果
ヤリイカ1杯、マメイカ2杯、ホッケ1匹、カレイ1匹、チカ数匹
場     所
小樽・勝納埠頭右端
実 釣 時 間
(竿を出している時間)
午後3時半頃から午後8時半頃まで
持っていった餌
アミピュア、生イソメ(中)
使用した仕掛け
チカ用サビキ
イカブランコ自作(2連)

チカ以外の魚が釣りたい!

「チカ以外の魚が釣りたい」ということで、奥と、土曜日の午後1時半頃家を出た。目指すは、とりあえず小樽南防波堤。
チカを釣って、それを餌にしてヤリイカを釣ろう、シャコも釣れるかもしれないという、いつものとおりの欲張り思考だ。
小樽南防波堤釣具店に寄って、生イソメを買い、スーパーで食料を調達し、3時頃には南に着いた。
一時のフィーバーは終わったのか、空いている。数人、チカ釣りをしているので、見に行ったら、釣れないから帰るということだ。海面にチカの姿はない。
塩漬けのチカも持ってきているから、それでイカ釣りをやってもいいのだが、とりあえずは勝納に行ってみようということになった。

勝納に3時半頃着いた。結構人はいたが、帰る人もいて、土曜日の午後というのにすいている。
チカをたくさん袋に入れて帰る準備をしている人もいた。チカ釣りの人のほかに、ホッケ狙いの投げ竿を出している人もいた。イカをやっている人はいない。
暫くすると一時は誰もいなくなって、釣場独り占めになった時間もあった。
すいているのは、ほんとに釣りやすい。最終的には、チカのサビキ2本、投げ竿1本、イカの磯竿2本(自作ブランコ仕掛け)出した。
暗くなって、スクーターで、イカ釣りに来た人がいた。左の角に4個、赤い電気の浮きが見えていた。釣れないのか、暫くやって帰っていった。
今回の釣り座 釣り座の左側
閑散とした釣場風景 空いている釣り座の左側
太ったホッケ 小さい真ガレイ
投げ釣り(イソメ)にホッケが釣れた 小さいがカレイも釣れた
まず、イカの餌のチカ釣りをやっていたが、前回の南のようには釣れない。それでもイカの餌には充分な20匹くらいは釣れた。1匹だけだが大きいのも釣れた。
奥が、「投げ竿が引いている」というので、巻いてくると重たい。「これは大物だ、タコかもしれない」などと言いながら巻いてくると、太ったホッケだった。とりあえずチカ以外の魚が釣れた。と、大喜びした。
また、「引いている」というので、巻いてくると今度はカレイだった。
自分は竿をみていなくても、いつも「引いている」、と教えてくれる。
マメイカ ヤリイカ
最初に釣れたマメイカ 釣りたかったヤリイカ
上左の写真・ 薄暗くなってイカの竿を1本出した。
前回、厩(うまや)ではボンズだったので、今回もだめかな〜っと思っていたとたん、3号のリチウム電池浮きが消し込んだ。一呼吸おいて、慎重に巻いてくると、イカ特有の引き、クィ〜、クィ〜と引っ張られる。
良型のマメイカだった。ちょっと興奮した。
上右の写真・ マメイカは釣れたが、前回厩で見たでかいヤリイカは釣れない、と思っていたら、浮きが横たわっている。ずっと立っていたのが横たわっている。これはッと思い、慎重に巻いてくると、先ほどのマメとは比較にならないくらい強烈な引き、グィ〜、グィ〜って感じ。あげる時、落ちるな落ちるなと祈りながら抜きあげた。これはとても興奮した。
でも、それっきりだった。
イカ仕掛け全容 ブランコ仕掛け
ブランコ2連仕掛け 手作りブランコ仕掛け
今回のイカ釣りの仕掛け。イカの仕掛けはとても高価だ。絶対、釣るより買った方が安い。なるべく経済的に釣るには自作するよりほかない。ということで、バラの針を買ってきて、伸縮チュウブと、瞬間接着剤、エポキシ接着剤、ステンレス針金で自作しているが、随分作り方も上手になった。そのうち(いつになるかわからないが)、アップしようと思っている。アップしました。

今回の釣りの感想は、………(^_^)
久しぶりに釣りでときめいた

前回の釣行 次回の釣行
 
サイト内検索が出来ます
ウエブで検索が出来ます
お買い物コーナー
ネットで、便利で楽しいお買い物をしてみませんか。
shop.png(34301 byte)