<
18年23回目・12月6日(水)  石狩新港花畔埠頭右端

釣 れ た 魚

カンカイ5匹、アブラコ1匹、大チカ14匹、中チカ12匹、巨大ハゼ7匹、小ニシン多数、クリガニ1パイ
場     所
花畔埠頭の右端(小型船舶船溜まりの左側)
実 釣 時 間
(竿を出している時間)
12月6日(水)の午後3時から12時までの9時間
持っていった餌
赤アミ1個、イソメ620円1個
使用した仕掛け
サイズ1の針の自作サビキ、自作カンカイ用仕掛け

しばらくぶりの石狩新港

一人で、平日釣行。
カンカイが釣りたくて、お昼ご飯を食べてから出掛けた。
西埠頭が車で入れると聞いていたので、様子を見に行った。
樽川埠頭の駐車スペースの手前の西埠頭に進んでいく道路はほとんど完成していて、車で入れる。ここから、樽川埠頭の左側の護岸には車で入れるようだ。西埠頭は金網が張ってあって入れない。モニュメント、砂浜、その周辺は車から釣りが出来るので、結構ビッチリ人が入っていた。
今回は、チカ釣りもしたかったので、以前から目を付けていた花畔埠頭の右端に行ってみた。
久しぶりにカンカイの引きを味わった。巻いてくると、クンッ、クンッ、という感じの引きを感じる、近く寄ってくるとだんだんその引きが強くなる、カンカイはばれやすいので、あがってくれよっと、抜きあげる。
やっぱり、釣りはやめられない。

花畔埠頭右端車を止めたところから見た花畔埠頭右端
車から100メートルくらい歩いていくと、チカ釣りも出来る、カンカイもねらえる、根掛かりも無い釣場に出られる。釣場が狭いので、運が良くないと入れない。


チカとコニシン
チカとコニシン
暗くなるまでの1時間位だが、大きいチカとニシンコがよく釣れた。
投げ釣りは、釣れない事もあるので、出来れば、明るいうちにチカでも釣っておこうと、大概サビキとアミは持っていく。今回は両方釣れてよかったよかった。


夜の釣り座夜の釣り座
向かいの明りは、樽川埠頭に停泊している船。
暗くなり始めた頃、隣でチカを専門に釣っていた人が帰って行った。バケツに一杯オオチカを釣っていた。「カンカイはやらないの」って聞いたら、「まだ、釣れネ〜」って言っていた。いっぱいチカを釣って嬉しそうだった。
場所が広くなったので、投げ竿を3本出した。
これはあまり教えたくない事だが、カンカイの仕掛けはなるべく派手にした方が良い。ハリスにシモリ浮きを付けるとベストだ。針もあまり小さいのはばれやすい。カンカイは荒れた日によく釣れると言うが、このことが関係してる。
この仕掛けで荒れた日じゃなくてもカンカイは釣れる。
決して人には教えないで下さい。

クリガニクリガニ
小さいがクリガニが釣れた。みそ汁のダシにはなる。
ゆでると毛ガニのようになる。

巨大クレーンが作業をしていた
巨大クレーンが作業をしていた
コンテナを次々に船に積み込んでいって、終わるとでかい船はさっさと出ていった。8時頃だったと思う。
右側に4人カンカイ釣りの人がいたが次から次といなくなった。最後の一人も10時には帰っていった。ほとんど釣ってなかったようだ。釣果写真の一番でかいカンカイは皆さんが帰った後で釣れた。実はもう一匹同じ位のを釣ったのだが、海面から出て途中で、ボチャ〜ンとお帰りになった。あわててすぐ仕掛けをおろしたが、イカじゃあるまいし?!

今回の釣りの感想は、………(^_^)
また、カンカイを釣りたい

前回の釣行 次回の釣行
 
サイト内検索が出来ます
ウエブで検索が出来ます
お買い物コーナー
ネットで、便利で楽しいお買い物をしてみませんか。
shop.png(34301 byte)