<
18年5回目・4月22日(土)  石狩新港西埠頭

釣 れ た 魚

アカハラ1匹
場     所
石狩新港西埠頭右端
実 釣 時 間
(竿を出している時間)
4月22日(土)早朝6時から12時迄の6時間
持っていった餌
塩イソメと生太イソメとアミブロックとおからの撒き餌
使用した仕掛け
投げ釣り用仕掛け
ニシン用4号サビキ(既成)

また、もしかしたらカレイが釣れるかもっ…と出掛けた
樽川埠頭 今回は、余り芳しいニュースのない中、期待薄ではあったが、頑張って出掛けることにした。

大平のフィッシュランドによって、太イソメを買った。店員が二人いたが、朝早いのに随分元気が良かった。

5時半頃、樽川埠頭に着いた。左の写真は着いてすぐの様子である。 丁度ダブルでニシンを釣っているところを見てしまった。バケツには、まるまる太ったニシンが入っていた。 この頃はまだ、空きはあるが、帰りのお昼過ぎには、みなさん7〜8メートルの長い竿を1〜3本付けた自動シャクリ機がびっちり並んでいて、壮観な図だった。
常連の方たちで、情報が電話で廻るのだ、と言っていた。

去年、西埠頭でも釣れたので、期待して撒き餌までもっていったが、………

本日の釣り座 特製撒き餌
去年暮れと同じ西埠頭右端の釣り座 撒き餌(おからとアミブロック)
西埠頭は工事中だと言うことなので、様子がどう変わっているかわからない。
大五郎を押していって立ち往生したら困るので、 釣り鞄と、竿袋と、撒き餌を入れた鞄を担いでテクテク歩いて行った。 結構整地されていて、大五郎の走行は可能だったが、今後どうなるかはわからない。
立入り禁止の看板があったように思ったが、暗くて見えなかったことにしておこう。
誰もいない釣場、投げ竿3本、ニシン用磯竿2本出した。遠投中投近投、左中右、引き釣り、くまなく探った。 仕掛けも胴付き、天秤試した。カレイのカの字も無かった。
ニシンも釣れなかった。
サビキの竿が、ガクッとゆれた時は、やっと来たか、これで坊主ではない、 家族の分3匹は釣りたいな〜とか考えながら巻いてみると、ニシンではなかった。
アの付く魚だった。これしか釣れなかったので、刺身にでもして食おう。骨きりすれば、結構うまいこともある。
西埠頭先端部 釣舟
先端部 釣り舟
上左・ 先端部まで歩いていってみた。タコ釣りの人が2〜3人、他2〜3人いた。型の良いクロガシラを2匹確認した。
やっぱり先端まで歩いてくればよかったか?
ここで、大五郎真っ青の鉄フレームの釣り用台車を見た。今後の参考にしよう。
上右・ 釣り舟も、釣れないのか、こんなところまで来て、流していたが、あたりがないのか、すぐ帰っていった。

東埠頭船溜まり
東埠頭 アカハラ一匹ではもの足らず、ニシンが港に入っているなら、何処か入れる場所がないかと東埠頭に行ってみた。 付け根左側、今日は車が入れるようだったので、様子を見に行くと2〜3年前ホッケが爆釣していた場所がガラガラ。
自動シャクリキを出している人が1人いた。この人は樽川が入れないので来たそうだ。
早速、一本出して、手でしゃくっていたがやはり、ムダな抵抗だった。1時前から3時過ぎまで休み休みしゃくっていたら今日は、肩こりがひどい。
投げ竿の人も3〜4人いたが、魚の姿を見ることはなかった。
今回の釣りの感想は、ニシンが釣りたいであった。

前回の釣行 次回の釣行
 
サイト内検索が出来ます
ウエブで検索が出来ます
お買い物コーナー
ネットで、便利で楽しいお買い物をしてみませんか。
shop.png(34301 byte)