<
17年6回目・6月5日(日)  石狩新港西埠頭東側中央付近

釣 れ た 魚

名前の頭にウの付くさかなは入れ食いだった。タコ足はもらいもの。
カレイ14匹、ホッケ4匹、海星(ヒトデ)1枚
場     所
石狩新港新西埠頭真ん中
実 釣 時 間
(竿を出している時間)
6月5日(日) 早朝3時30分から10時間
持っていった餌
200円イソメ2パック、アミブロック2個、チカ塩漬け少し
使用した仕掛け
カレイ胴付き、カレイ天秤、ホッケ垂らし(ウキ・籠無し)

名前の頭にウの付く魚
今回は本当に良く名前にウの付く魚が釣れた。釣場で捌いて、頭と内臓は海に返してあげた。
たぶん、隣の北海道犬2頭の御飯になるのだろう。
ホッケは垂らしで3匹、投げで2匹釣れたが、1匹バケツからクーラーに移すとき逃げられた。
お昼前、誰かタモ、持ってないか〜と言う声でいってみたら、タコがゆらゆらしてたので、上げてあげた。お礼に足をくれた。さすが、タコ釣りのメッカ西埠頭、やっぱり次来るときは、タコ仕掛け持ってこようか???

雨も降らず、まずまずの天気だったし、楽しい一日だった。

釣り座の左側 釣り座の右側
沖側 陸側
上の写真は西埠頭に着いてすぐ、午前3時半頃。
ずいぶん早く来たと思ったが、もう西埠頭の東側は、結構な人出で、先端には入れなかった。

釣り座 小五郎
垂らし竿1本出し終えた釣り座 コンパクトで高機能な小五郎
大五郎を押して、西埠頭の東側に着いた。右端から先端まで均等に釣人がはいっている。
一応先端まで様子を見ながら歩いていった。やっぱり先端付近の方が釣果は良いかも知れない。
引き返して比較的、間の広い中央付近に雪だるま氏と座を構えた。

シャコ 帰港する釣り船
雪だるま氏が釣ったシャコ お昼過ぎ、帰っていく釣り船
昔、この埠頭が拡がる前、モニュメントの横を通り、砂浜を超えて、 高い防波手堤の下を歩いて少し行った所で、シャコを結構釣ったことがある。
もう少し暖かくなったら、夜釣りで狙ったみたいものである。
(右) 帰っていく釣り船、自分は船酔いするので船には乗れない。陸釣り(おかづり)専門である。

カレイ4匹 特製胴付き仕掛けをつけて、チョイ投げしてあった竿が、プルンッ〜と揺れて、糸がふけた。
巻くと、重い、ささる…!!
前回(5月5日)、ここで30overを釣っている! また、雪だるま氏をさしおいて、自分がやっても〜た!!!
ドキドキしながら、タモ、いるかな〜なんて考えながら巻いてくると、小さいのが見えた、しかし重たい、これはきっと下の方に大物が??
次も小さい、その次も……、大きいのはいなかった。

宗八の子2匹とマガレイ2匹。

今回の釣行、一番のドキドキであった。これがあるので釣りはやめられないのである。


タコ刺し いただいたタコ足の刺身

〈作り方〉
塩を振りかけてよく洗う。タコの吸盤にゴミや砂が入っていることがあるので、特に吸盤の中を注意して洗う。
その間にお湯を沸騰させておいて、足を入れる。30秒くらいゆでて、冷水に取る。
吸盤以外の皮はとる。今の所、これは捨てているが、酢の物とかにしても美味しそうだ。
ゆですぎないことがポイントだ。歯の悪い人がいるときは、薄づくりにしてあげましょう。

前回の釣行 次回の釣行
 
サイト内検索が出来ます
ウエブで検索が出来ます
お買い物コーナー
ネットで、便利で楽しいお買い物をしてみませんか。
shop.png(34301 byte)